株式会社インテリジェント・リンク

ホーム > ニュース

ニュース

創造都市セミナー 「マンガが創る都市ブランドと産業」
目指せ、マンガ産業都市・さっぽろ!!

本イベントを主催する「札幌マンガ研究会」は、当社が事務局を担当しています。

マンガという地域資源を産業と都市創造にむすびつけるにはどのようにすればよいのか? マンガ産業都市・さっぽろを目指すセミナーを開催します。

■日時 3月19日(水) 18時〜20時(終了後交流会)
■場所 札幌市中央区大通東3丁目-1
   内田洋行北海道支社1階 ユビキタス協創広場
   「U-cala(ユーカラ)」
■人数 50名 (参加無料)
■対象 クリエイター/学生/行政・企業関係者/メディア関係者
■主催 札幌マンガ研究会
■共催 財団法人さっぽろ産業振興財団(Intercross Creative Center)
■後援 札幌市

本セミナーは終了いたしました。

■内容
◎講演 マンガ産業の地方での産業化可能性
法政大学大学院客員教授  増淵敏之

全国各地で行われている地域資源を活用したコンテンツ産業振興。
しかしその多くは一過性のものにすぎない。地域でのコンテンツ産業振興は、地域資源の精査という時間のかかる作業からの着手が必要である。札幌は数多くのマンガ作家が輩出、定住している都市である
ということを踏まえて、各都市でのマンガコンテンツに関する事例を紹介していく。

・講演者プロフィール(2008年3月時点)
 増淵敏之(ますぶちとしゆき)

1957年、札幌市生まれ、札幌旭丘高校から明治大学文学部に進む。
東京大学総合文化研究科博士課程修了、学術博士。
現在、法政大学大学院専門職大学院客員教授、専門は経済地理学、文化地理学。
主な著作に「文化産業クラスター小論/宇都宮市をモデルにして」那須大学・都市経済研究年報(2003)、
「インディーズ音楽産業の創造現場」文化経済 第4巻第3号(2005)、
「宇都宮市における音楽の産業化の可能性」宇都宮まちづくり論集(2005)、「地方都市における音楽の産業化過程—福岡市の場合—」ポピュラー音楽研究Vol.9(2005)、
「コンテンツ産業としての放送メディア地域戦略−創造都市論を背景に−」日本都市学会年報Vol.40などがある。

◎パネルディスカッション
・増淵敏之 法政大学大学院専門職大学院客員教授
・藤井克仁 New Standard Inc. 代表
・桃田百合若 漫画家
・林 優希 コミック・ラグ編集長
・高木敏光 株式会社タカギズム代表取締役   
・久保俊哉 ICCチーフコーディネーター

北の縄文連続講座・記録集 縄文人はどこからきたか? 世界遺産をめざす15遺跡 縄文遺跡ガイド 北の縄文文化を発信する会ブログ 北海道マンガ研究会 「北海道ワインツーリズム」推進協議会 北海道魅力発信動画コンテスト「体感動画」へ