株式会社インテリジェント・リンク

ホーム >ニュース

ニュース

事業統合に向けた共働のご案内

株式会社インテリジェント・リンクと株式会社ユニファイドエックスは、事業統合に向け共働します。
詳細はこちらをご覧下さい。

2014年7月2日(水)~6日(日)、第15回ジャパンエキスポ(in パリ)に出展します。

2014年7月2日(水)~6日(日)にパリで開催される「第15回ジャパンエキスポ」に出展します。
当出展では、海外での縄文文化の認知促進を目指し、パネル展示や資料の配布、土偶をモチーフとしたグッズの販売を予定しています。
詳細は下記PDFをご覧ください。

プレスリリース(PDF: 512KB)

※参考リンク: ジャパンエキスポ公式サイト

北の縄文連続講座・記録集記録集2「縄文人はどこへいったか?」発売のご案内

「縄文人はどこへいったか?」イメージ 北の縄文文化の謎に迫る第2弾が発売となりました。 縄文文化の成り立ちを探った前作『縄文人はどこからきたか?』に続き、縄文文化がその後どのように変化し、アイヌ文化を含めた現在の私たちにつながっていったかを探ります。
「縄文人はどこからきて、どこへいったのか」
「いまの私たちにとって、縄文文化にはどのような価値があるのか」
国立科学博物館・馬場悠男氏をはじめ、各分野の研究者が解説した「北の縄文連続講座」の内容を一冊にまとめました。

北海道内主要書店にてお買い求めいただけます。
また、フリーダイヤル・FAX・お申し込みフォームから直接ご注文いただけます。
詳しくはこちらへ

北の縄文連続講座・記録集「縄文人はどこからきたか?」好評発売中!!

「縄文人はどこからきたか?」イメージ 1万年もの間、自然と共生し、戦争や収奪のない、狩猟採集の文化を維持してきた世界でも希有な縄文文化。
「その縄文人は、どこからきたのだろう?」
縄文文化を知ると、こんな疑問がわいてきます。本書は、そのような疑問に、国立科学博物館・篠田謙一氏をはじめ、DNA、骨、人類学、考古学、等々の研究者が迫った、「北の縄文講座-縄文人はどこから来たか」の内容を一冊にまとめた報告集です。
現在、世界遺産登録が進められる縄文遺跡ですが、世界的に注目される「縄文のこころ」にぜひ本書でふれてください。

本書はフリーダイヤル・FAX・お申し込みフォームからご注文いただけます。
北海道内の主要書店では2011年12月25日に販売開始予定です。
詳しくはこちらへ

北の縄文連続講座・記録集「縄文人はどこからきたか?」発売のご案内

「縄文人はどこからきたか?」イメージ 「縄文人は、どこからきたのだろうか?」その疑問に各分野の専門家が、骨、DNA、人類史、遺跡と様々な角度からお答えする一冊です。
12月10日(土)開催のシンポジウム「環境と人間のほっかいどう史」にて先行発売いたします。また、フリーダイヤル・FAXからもご注文いただけます。
詳しくはこちらへ

札幌のマンガと観光を結ぶ事業のご案内

インテリジェント・リンクは札幌商工会議所と連携し、「平成23年度地域力活用新事業∞全国展開プロジェクト」の事業に参画しています。 札幌市は、マンガ家を多数輩出するとともに、さまざまなマンガの舞台として描かれてきました。この事業では、札幌が舞台となっている「マンガ」を地域資源として位置づけ、観光を中心とした産業の振興に役立てることを目的としています。 今回、下記の成果物が制作されました。

「マンタビ〜札幌マンガMAP〜」

マンタビ〜札幌まんがMAP〜イメージさまざまなマンガに描かれた札幌市内の場所と、その作品やシーンについて、1つずつ詳しく紹介しているマップです。札幌市内の観光案内所などで無料配布しています。

「マンタビ〜札幌マンガWEB〜」

マンタビ〜札幌マンガWEB〜イメージ本事業の情報を随時発信していくウェブサイトです。
▼マンタビ〜札幌マンガWEB〜
http://mantabi.net/

「マンタビ〜札幌マンガLayar〜」

マンタビ〜札幌マンガLayar〜イメージ札幌市内を舞台にした漫画情報を、カメラの撮影映像上に重ね合わせて表示するARの技術を使用したスマートフォン向けアプリです。

このほか、現在札幌市内のマンガの舞台を巡って作品やシーンについて紹介する聖地巡礼ツアーを実施します。
開催日:11月19日(土)
興味がある方は、是非下記ページよりお申し込み下さい!
http://mantabi.net/tour/

北海道が発信する“食の研究”サイト「あじ研北海道」公開中です。
食品開発や加工技術のヒントがここに!

北海道が発信する“食の研究”サイト「あじ研北海道」イメージインテリジェント・リンクが制作を担当しました、北海道の食品加工研究データベース「あじ研北海道」が公開されました。

▼「あじ研北海道」
http://www.ajiken-h.jp/

本事業は北海道経済部の委託により行ったもので、食品加工の分野において、道内の民間企業と各研究機関が連携した活動と成果を幅広く紹介しています。情報収集や取材から、サイト構築までを手がけました。

「研究・事例一覧」はもとより、20におよぶ成功事例のエピソード集「おいしい舞台裏」には、食品開発の道筋を照らすヒントが隠されています。

サイト内で紹介している研究機関は以下の通りです。

・北海道立総合研究機構 食品加工技術センター(江別市)
・北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センター(北見市)
・北海道立十勝圏地域食品加工技術センター(帯広市)
・北海道立工業技術センター(函館市)
・北海道大学

各機関がもつ優れた開発力を、多くの企業や食品関係者の皆さんに知っていただき、ご利用いただくことが大きな目的の一つです。
また今年度も、新たな情報を追加すべく作業進行中です。どうぞお楽しみに!

北海道の「食」と「札幌市民」をつなぐサイト「さっぽろもぐー」更新中!
専門家が語る道産食材「エゾシカ」に注目です。

北海道の「食」と「札幌市民」をつなぐサイト「さっぽろもぐー」イメージインテリジェント・リンクは札幌市経済局より委託を受け、2010年9月に公開した 「さっぽろもぐー」の企画、制作、運営を行っています。(2010年度で終了)

▼さっぽろもぐー
http://www.sapporo-mogoo.jp/

「もぐー」は、大消費地である札幌の市民と、北海道各地の生産者とをつなぎ、道産 食品の消費促進を図ることで、北海道全体の食産業の活性化を目指すサイトです。

とくにおすすめは、読み物スタイルの「もぐー特集」です。

北海道のおおきな魅力である「食」を、さまざまな角度からご紹介。生産地からの取材はもちろん、とびきりの食材を活かした料理レシピ、機能性にあふれる食材の徹底紹介など、おいしい情報が満載です。

1月24日の公開記事は、いまもっとも注目の話題のひとつ、「エゾシカ」。高たんぱく低脂肪で、鉄分豊富なエゾシカ肉をご紹介しています。ぜひご覧ください!

▼専門家が語る 道産食材の力 vol.3 エゾシカ(1月24日公開記事)
http://www.sapporo-mogoo.jp/feature/expert/03/index.html

「縄文遺跡ガイド」iPad、iPhone版の発売開始しました!

「縄文遺跡ガイド」iPad、iPhone版2008年の発売以来、全国の縄文ファン、遺跡ファン、博物館ファンの皆様から「こんな本を待っていました!」との声をいただいております「縄文遺跡ガイド 北海道・北東北」がiPad、iPhone、iPod touch対応のアプリケーションになりました。持ち歩くことの多いガイドブックを、より快適に、使いやすく。これからの旅や観光の新しいあり方をご提案いたします。

[電子書籍版]世界遺産をめざす15遺跡 縄文遺跡ガイド 北海道・北東北

新刊『幸せの北海道スイーツ』を、2009年2月5日に発刊いたします。

北海道のおいしい洋菓子店、和菓子店、牧場生まれの乳製品を使ったお菓子、ふるさとで愛され続ける銘菓など、48のスイーツをめぐる旅にご案内する、楽しいガイドブックです。おもに道内の主要書店でお買い求めいただけます。おいしい出会いがたくさんありますように。

縄文遺跡ガイド

くわしくは、ぜひプレスリリースをご覧ください。ダウンロード(PDF:468KB)

「縄文遺跡ガイド 北海道・北東北」を、7月31日に発刊します。

縄文遺跡ガイド世界遺産登録をめざす、北海道・北東北の15遺跡のガイド本「縄文遺跡ガイド 北海道・北東北」を、7月31日に発刊いたします。豊富なビジュアルとコラム、旅に便利な情報を満載した一冊です。本書を片手に、北の縄文遺跡めぐりの旅へでかけてみませんか。

世界遺産をめざす15遺跡 縄文遺跡ガイド 北海道・北東北

「さっぽろ産業ポータル」に、便利な「カレンダー機能」を追加

2008年4月、当社が制作を担当しております「さっぽろ産業ポータル」(http://sec.jp/)に新しく、便利な「カレンダー機能」を追加しました。

http://sec.jp/event/

>>続きを読む

“創造都市セミナー 「マンガが創る都市ブランドと産業」”開催報告

2008年3月19日(水)、内田洋行ユビキタス協創広場「U-cala(ユーカラ)」において、創造都市セミナー「マンガが創る都市ブランドと産業」が開催されました。平日にも関わらずたくさんの方にお越しいただき、講演とパネルディスカッションが行われました。ご来場いただいた参加者の中には、漫画家やイラストレーターを目指す若者たち(学生さんがたくさん来てくださいました!)、行政・企業関係者の方などが多く、札幌のマンガ産業化の可能性を実感するイベントとなりました。

>>続きを読む

創造都市セミナー 「マンガが創る都市ブランドと産業」
目指せ、マンガ産業都市・さっぽろ!!

本イベントを主催する「札幌マンガ研究会」は、当社が事務局を担当しています。

マンガという地域資源を産業と都市創造にむすびつけるにはどのようにすればよいのか? マンガ産業都市・さっぽろを目指すセミナーを開催します。

■日時 3月19日(水) 18時〜20時(終了後交流会)
■場所 札幌市中央区大通東3丁目-1
   内田洋行北海道支社1階 ユビキタス協創広場
   「U-cala(ユーカラ)」
■人数 50名 (参加無料)
■対象 クリエイター/学生/行政・企業関係者/メディア関係者
■主催 札幌マンガ研究会
■共催 財団法人さっぽろ産業振興財団(Intercross Creative Center)
■後援 札幌市

>>続きを読む

情報大航海プロジェクト採択事業「Viewサーチ北海道」、 次世代検索技術を応用した実証実験サイトを公開

平成20年1月30日

株式会社インテリジェント・リンク
株式会社データクラフト
国立大学法人北海道大学
株式会社ソフトフロント
北海道旅客鉄道株式会社
株式会社北海道新聞社

株式会社インテリジェント・リンク(本社:札幌市、代表取締役社長:森影 依)、株式会社データクラフト(本社:札幌市、代表取締役:高橋 昭憲)、国立大学法人北海道大学(札幌市、総長 佐伯 浩)、株式会社ソフトフロント(札幌本社:札幌市中央区、代表取締役社長:阪口 克彦)、北海道旅客鉄道株式会社(本社:札幌市、代表取締役社長:中島 尚俊)、株式会社北海道新聞社(本社:札幌市、代表取締役社長:菊池 育夫)、で構成される「Viewサーチ北海道コンソーシアム」は、経済産業省の平成19年度情報大航海プロジェクト(※1)の採択事業「Viewサーチ北海道」の研究開発成果である、文字に頼らない次世代画像検索技術「ビジュアル・コンテクスト・サーチ」を応用した、北海道の美しい風景を世界に発信する実証実験サイト「Viewサーチ北海道」(http://www.view-hokkaido.jp/)を1月31日より開設します。

>>続きを読む

事務所を移転しました。

→移転先はこちら

経産省平成19年度「情報大航海プロジェクト」への参加が決まりました。

平成19年7月26日

株式会社データクラフト
国立大学法人北海道大学
株式会社ソフトフロント
北海道旅客鉄道株式会社
株式会社北海道新聞社
株式会社インテリジェント・リンク

「Viewサーチ北海道」事業、
経済産業省の情報大航海プロジェクトに採択
〜道内企業・大学のコンソーシアムとして初、
「モデルサービス開発と実証」に採用〜

>>続きを読む

ユーザビリティ専業の株式会社ユーザデザインラボを設立しました。

→ユーザデザインラボ

北の縄文連続講座・記録集2 縄文人はどこへいったか? 北の縄文連続講座・記録集 縄文人はどこからきたか? 縄文デザイン 北の縄文道民会議 北の縄文文化を発信する会ブログ 世界遺産をめざす15遺跡 縄文遺跡ガイド 北海道マンガ研究会